日本では、メラトニンのサプリメントは、あまりなじみがないかもしれません。国際線のキャビンアテンダントに愛用者が多いこのサプリメントは、時差ぼけで生じた体内時計のずれを調整するはたらきがあります。

話題になっているメラトニンのサプリメントについて、調べてみました。

時差ぼけによる睡眠障害を改善するサプリメント、メラトニン

時差ぼけによる睡眠障害を改善するサプリメント、メラトニン
海外旅行へ行って時差ぼけになった経験をした人は、多いのではないでしょうか。

日本から遠く離れた海外へ、飛行機で短時間に移動をすると、時差によって体内時計にずれが生じます。これが時差ぼけです。

時差ぼけには、睡眠障害、頭痛、集中力・判断力の低下、胃腸障害など、さまざまな症状がありますが、なかでも睡眠障害は多くの人が経験します。

昼起きて活動し、夜になると眠くなるのは、メラトニンというホルモンが関係しています。

メラトニンは、明るいところでは分泌が止まり、暗いところでは分泌されます。また、朝、光を浴びてから15時間前後時間経過すると、再び分泌されるという特徴があります。

これが体内時計の仕組みで、このリズムが乱れると、寝つきが悪くなる、眠りが浅くなる、などの症状が出てきます。

メラトニンのサプリメントは、時差ぼけによって起きた睡眠障害を改善するはたらきがあります。

メラトニンには、乱れた睡眠のサイクルを調整するはたらきが

メラトニンには、乱れた睡眠のサイクルを調整するはたらきが
人の体は、眠れなくなると、集中力や判断力が低下するだけでなく、体のさまざまなところに不調があらわれます。

脳には、脳下垂体という、ホルモンの量をコントロールする器官があります。また、眠れなくなると、自律神経のバランスも崩れるので、体にさまざまな不調があらわれます。

メラトニンのサプリメントには、乱れた睡眠のサイクルを、正常な状態に戻すはたらきがあります。

メラトニンのサプリメントは、時差ぼけだけでなく、不規則な生活サイクルの人や、年を取って、眠りが浅くなった人にもおすすめです。

メラトニンのサプリメントは、睡眠導入剤に比べて、薬への依存性が少なく、服用を止めた反動で眠れなくなることも少ないのが、利点です。